STAFF INTERVIEW
東京店 シェフソムリエ兼マネージャー 菊池 貴行(きくち たかゆき) 東京店 シェフソムリエ兼マネージャー 菊池 貴行(きくち たかゆき)

東京店
シェフソムリエ兼マネージャー

菊池 貴行(きくち たかゆき)

PROFILE
大学在学中にスペイン料理店でのアルバイトを通し、スペインワインに目覚める。卒業後は「オザミ デ ヴァン」に2年勤務、いくつかのワインコンクールに入賞する。その後、スペインに渡りリオハなどのワイナリーやバルなどで本場のワインと料理にふれる。
帰国後、東京に「サンパウ」がオープンすると聞き、2004年のオープンから「レストランサンパウ」に勤務。スペイン政府貿易庁が主催した第1回「ICEX」(シェフ養成プログラム)の日本代表に選ばれる。また世界各国から選ばれた14人のシェフと共に2007年10月から1年間、スペインに国費留学。2010年5月には第1回の「カヴァ騎士団(シュバリエ)」に選ばれる。
2017年より東京店のシェフソムリエ兼マネージャーに就任。

仕事をする上で大切にしていること

一言で表すと「優雅さ」を大切にしています。
サンパウにお越しいただくお客様は、大切な方とのお食事、記念日、ビジネスでの大事な会食、結婚式等、何かしら目的を持ってご来店される方が多いです。お客様の期待を裏切らないよう、身だしなみや姿勢、表情そして話し方、また何よりも豊富な知識など全てのことがサンパウで働いている私たちには求められます。全てのことが満たされた時に「優雅さ」という空気になり、お客様にリラックスして頂ける雰囲気を作れると思っています。

これはお客様だけでなく、サンパウで働く全スタッフに対しても同じです。良いものを作り出すために時には意見がぶつかることもありますが、常に相手に対してリスペクトの気持ちと相手に寄り添う気持ちを持つことを私は常日頃から全スタッフに話をしています。

東京店 シェフソムリエ兼マネージャー 菊池 貴行(きくち たかゆき) 東京店 シェフソムリエ兼マネージャー 菊池 貴行(きくち たかゆき)

菊池マネージャーが目指すお店

2時間で人を幸せにできるのがレストランだと私は考えています。
ただ単に美味しい料理を出す。では幸せになってくれません。予約の電話対応から始まり、お出迎え、オーダーテイク、ワインの勧め方、お食事中の会話、お見送りまでの一つ一つに知識やテクニックが多く求められる場面の連続です。
お客様にご満足いただき、良いレストランを作り上げていくためには、常に一人一人のスタッフが自己向上の意識と周囲への気遣いの積み重ねができるお店を目指したいと思っています。

サンパウではこんな人材を求めています

サンパウでは語学はもちろんのこと星付きレストランのサービス、料理など本当に多くのことを学ぶことができます。私もここでの経験を活かし、1年間、本場のスペインでソムリエとして働くことができました。数多くの経験を積みたい方や将来、海外で働くことを夢見る方にも、夢ではなく現実に変えられることができるのがサンパウです。
こんな思いに共感していただける方と一緒にお仕事をしたいと思っています。

レストラン サンパウ
東京都中央区日本橋1-6-1 コレド日本橋 ANNEX
レストラン 03-3517-5700
ワインバル 03-3517-5702

[Lunch]
平日 11:30~15:30(13:30L.O.)
土日祝日 12:00~15:30(13:30L.O.)

[Dinner]
18:00~24:00(21:00L.O.)

[定休日] 月曜日を中心に月6日間 年末年始

pagetop